【初心者向け】感覚的な文章の組み立て方!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは! Tマッキーです ♪

みなさん!文章を書くのは得意ですか?

僕は文章を書くのは得意な方です。ただしウマいかどうかは、僕には分かりません。

少なくとも

どうやって書けばイイんだろう。。。

言葉が出てこない 完成しない ということはあまり経験がありません。

例えばブログなんかだと1記事 1500文字程度は必要 とされるのが一般的ですが

1500文字なんて出てこないよ。。。

文章に慣れていない方にはこんな悩みが多いようです。

僕も初心者ですが、今のところ気付くと1500文字は越えていますし、どの記事も2000文字は越えています。どちらかと言うと、回りくどい表現がクセなので、後から削ってシンプルな表現に変えることの方が多いです。

今回はそんな僕の 文章を組み立てるときの手法 をご紹介します。

こんな方に向いています。

  • 構成を考えるとどこから書けば良いか分からなくなる
  • 文章作成に時間がかかる
  • 文字数が足りない

小論文を書きたい ・ ちゃんとした文章構成法を知りたい という方は、PREP法 などちゃんとした手法を検索して勉強してください。僕の手法は日常の実用性を重視したスピード重視の考え方です。

ぶっちゃけメールや報告資料、プレゼンや小論文などは、だいたいこの手法で乗り切ってきましたけど。

 

PREP法なんて難しくて良く分からん。

という方には参考になると思いますし、今回も最後まで読んでいただけると嬉しいです ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何も考えずに全て書ききる

いうちに

こんな言葉があるように、文章も書くと決めたらまずは一気に書ききりましょう!

  • どんなタイトルにしようか
  • どんな書き出しにしようか
  • どんな流れにしようか

こんなことを考えていると、情熱はドンドン冷めていきます。

書くと決めたら、まずその情熱を文章という形で 無形 から 有形 にしてしまいましょう。

難しいという人は、時系列順でも良いので、とにかく書いていきましょう。箇条書きでも構いません。

文章にしてしまえば 消す修正する別の表現に変える といったことができますが、冷めた情熱は復元することすら難しいのです。

文章を分割する

次に文章をキリの良いところで分割しましょう。

単純に文章に区切り線を入れても良いですし、とにかく文章を分割して4個程度の塊をつくりましょう。

仮にキリが良いところがなくても、雰囲気とノリで分割すればOKです。

この時のポイントは

  • 完璧を求めない
  • 分割しすぎない
  • 一つの塊の中に違う話が混ざっても気にしない

とにかく 分割する=4個ぐらいの塊に分ける に徹してください。

ここで文章そのものに手を加えだすと、文章を客観的に見ることができなくなります。

順番を入れ替える

映画やドラマなどのストーリーでもない限り、結論は最初に持ってくることが基本です。

最初に結論を言わないと読み手は

この話は結局何を伝えたいの?

疑問を持ったまま、文章を読み進めることになります。

 

そうなると、結論だけが気になって、その文章の世界観など感じている場合ではなくなります。結局痺れを切らせて最後まで読まない可能性すら出てきてしまいます。

少し脱線しましたが、話を戻します。

先ほど文章を4分割したので、①②③④という塊ができたと思います。

それを④→①→②→③の順に並べ替えます。

文章構成

そこで初めて、自分の文章を修正してきます。

  • 塊ごとに話をまとめる
  • 表現を統一する(例:怒る、キレる⇒キレるという表現に統一する)
  • 文章が長いところは箇条書きにする
  • 説明が足りないところは細かな説明を入れる
  • 話の盛り上がりに欠けるところは肉付け
  • 脱線したら必ず本題に戻す

こういったことに重点を置いて修正していけば、だんだん文章に雰囲気が出てきます。

まとめを書く

先ほど順番を入れ替え修正しましたが、そのままだと④①②③の流れになっているため落ちがない状態です。

最後は④の結論にもう一度触れ、自分なりの考えを軽く添えると話がまとまります。

どうしても苦手な人は、結論を言い切るだけでも良いでしょう。

客観的に見てみる

実はここまでの作業は パズルのように入れ替えることで、自分の文章を客観視する という効果があると、僕は思っています。

しかしどうしても修正に行き詰まる場合は

2~3日その文章を寝かせましょう

もし無理なら、30分放置でも昼食を挟むでも構いません。一旦自分の文章とは別の場所に思考を向けましょう。

忘れたころに自分の文章を見てみると

何この文章…

と、まるで他人が書いた文章のように見ることができます。

これは 人が書いた文章を修正しやすい という利点の応用です。

試しに会社の後輩や同僚の文章を、手直ししてみてください。簡単に何か所も修正ができるはずです。

ただし、後輩や同僚がケチの付けようのない完璧な文章を書いていたら話は別です(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか?

文章を書くだけでも 文章を書きだす順番を入れ替える修正する 最低でもこれだけの工程が存在します。

これを一気にやれば マルチタスク になってしまい、思うように処理できません。

そうならない為にも それぞれの工程を分けて処理すること が重要です。

この工程を理解し何度も文章を書くことで、結論から書くことができるようになっていきます。

誰かのマネをして書いても 必ず自分らしさは出てきます!

なので恐れずに色んな文章の構成術をトライして、より多くの文章を書いて磨いていきましょ!!


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました ♪

この話が誰かの役に立つと嬉しいです ♪

また次回、お会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました