【高校辞めないで】学歴以外で行っておけば良かったと思うこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは!

高校中退したTマッキーです!

今回は少し明るく 高校を辞めないでほしい という思いを発信します♪

戻れ

高校を辞めたことを全く後悔していない人でも 最終学歴が高卒以上の人との差 は何らかの形で感じる瞬間はあると思います。

そこで僕が感じる 学歴以外で行っておけば良かったと思うこと を3つご紹介します。

世間一般では 就職しにくい とか コンプレックス などにフォーカスされがちですが、そことは違った視点でお伝えしたいと思います。

普通に高校を卒業した人も 高校生活の素晴らしさ が再認識できると思いますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

学歴以外で行っておけば良かったと思うこと

思い出が少ない

当たり前だろぉ。。。

そう思った方!おっしゃる通りです(笑)

修学旅行文化祭体育祭夏休み みたいな学校特有のイベントなんて、挙げたらキリがないですよね。

 

もちろん高校を辞めた人にも思い出はつくれますが、僕は 一夏の恋 ぐらいしか思い出せません(笑)

思い出せない理由は

  • 生活にメリハリがない
  • 思い出に季節感がない
  • イベントの規模が小さい
高校生活 という基盤は大きく、その時期に合わせたイベントも多くあります。
特に季節特有の大きなイベントは、心に強く残りますよね。
こんな思い出がないなんて、まさに心に大きな穴が開いているのと同じです。

友人が少ない

高校を辞めて交友関係が全くなかった、というわけではありませんが、現在も連絡を取り合ったり、集まったりする友人は全くいません。

なので 友人と昔話で盛り上がる なんて機会はゼロです!

僕の場合、もし集まって昔話になったとしても

え⁉ そんなことあったっけ?へぇー。。。

となることの方が多いと思います。

試験勉強部活 など、何か同じ 目的目標 に向かって 苦楽を共にする というのは、間違いなく絆を強くしてくれます。

大人になれば、お互い家庭を持ったりして、頻繁に会うことはなくなりますが、地元に戻った時に集まれる友達ぐらいは欲しかったなぁ…と思います。

高校辞めて失ったものの中で、一番大きなものですね。

真剣に将来について考えたことがない

恥ずかしい話、自分の将来について真剣に考えたのは30歳を過ぎてからです。

ちょうど 我流アンガーマネジメント に目覚める前ぐらいでした。

怒りっぽい人必見!我流アンガーマネジメント!

高校生活の中で、先生や家族と何度か将来について話すと思います。

3年生ともなれば、友達と将来について話したり、相談したなんて人も居るんじゃないでしょうか。

僕にはその機会がありませんでしたし、何より

周りの友人の夢や考えを聞けなかった

ということは、その後の人生に 大きな損失を与えた と思っています。

何も考えていなかった当時の僕でも 友人たちはどう考えているのか ということに少しでも触れていれば、高校生の頃に、将来について真剣に考えた でしょう。

やはり 一人で居る時間が多い ということは、自分以外の考えに触れる機会が少なく、視野が広がりにくいと言えますね。

【オマケ】行かなくて良かったと思う瞬間

ぶっちゃけ無いですね(笑)

高学歴の人より 漢字の読み書きができたとき とか…性格悪くてすみません(-_-;)

ただ仕事上では、高校で学んだことが生かされる ようなシーンが少ないですし、仕事の質で負けてない と感じ

行かなくて良かったかな。

と思うこともあります。専門職ではないので、そう感じているという可能性もありますが。

 

まとめ

いかがでしたか?

高校生活が後の人生において 大きな財産 になることは間違いありません。

それは高校に行ってない僕からすれば

うらやましいな。

と思えるほどです。

 

高校を卒業する ということは決して楽ではないと思いますが、乗り越える価値は十分にあると思います!

もし 辞めようかな と思っている人がいたら、是非乗り越えてほしいと切に願います。


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この話が誰かの役に立てば、凄く嬉しいです♪

また次回お会いしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました