ランニング始めるときに揃えておきたい3選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

走ろう

こんにちは! Tマッキーです!

自粛生活でのコロナ太り、在宅ワークにおける運動不足

運動しないとなぁ…

そう頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?

  • スポーツジムに行きたいけど感染が怖い
  • この先不安で、月の固定費は上げたくない
  • ジム用品を買い揃えるのもコストがかかる
  • ジムまでの移動時間がもったいない
  • ジムでは意識高い系の人たちの視線が気になる

などなど、新たなフィールドに身を置くことは、案外ハードルが高いものです。

ジムで高荷重トレーニングをしていた経験もありますが

  • 着替えなどの荷物が多い
  • ジムへの移動時間がもったいない
  • 使いたい器具を待つ時間が発生する
  • 自重トレーニングの方が効いている実感がある

こんな理由から。自宅でできるトレーニングに切り替え、その延長線上で昨年の夏から走り始めました。

(冬は雪の影響で一時中断しております)

いざ走り始めて「これがあった方がイイな」「こんな機能があると安全だな」と、感じたことがありますので、これから走ることを考えている方の参考になると思います。

今回も最後まで読んでいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

完全ワイヤレスイヤホン

ど定番ですね。

やっぱり自分の呼吸だけを耳にするというのは過酷な状況に他なりません。

また生活音ばかりでは、自分との戦いの中に集中できません。

音楽があることで、集中力を高めたり、テンションを上げることができます。

正直 どんなイヤホンを使うか? よりも どんな音楽を聴くか? の方が重要です。

また、人間の耳というのは、ある程度の良い音を聞いても慣れてしまいます。

なので、あまり高価なものを購入する必要はありません。

しかし 安物買いの銭失い は避けたいですし 必要な機能 は押さえておきたいですよね。

  1. 完全ワイヤレス
  2. 外音取り込み

この2点が重要です。細かい形状の違いには触れません。

完全ワイヤレス

コードの存在は、動作を阻害するだけでなく、集中力の妨げになります。

外音取り込み

室内のジムで走る場合は必要ありませんが、一般の道路を走る場合、周囲の音が完全に遮断されるのは想像以上に危険で怖いです。

外でのランニングであれば、遮音性よりも外音取り込みの有無を優先しましょう。

個人的に一定の信頼を置いているメーカーなので、ここではSOUNDPEATSの商品を例として掲載しておきます。

因みに僕は「TRUENGINE3SE」を愛用しています。音は少し重低音よりですね。

残念ながら外音取り込みの機能がないので、外音取り込みが必要だと感じました。

普段の音楽鑑賞やハンズフリー通話、PCでのオンライン会議でも使えるので、1個は持っていて損はないと思います。

一般的な用途であれば1万円以内の価格帯でじゅうぶん満足できると思います。

アームバンド

これはスマホを上腕に固定するバンドです。

スマホだけでなく、カードやカギを入れて置けるものもあります。

走るときは、できるならポケットの中は空ににしておきたいですよね。

上腕にバンドをつけて走るのは、最初は若干違和感ありますが、すぐになれると思います。

  1. 腕にフィットする
  2. スマホ以外も収納できる
  3. スマホを買い替えても大きめのもの

これらは男女の対格差によっても、良いものの基準が変わってくると思います。

求める機能やサイズ感などは人それぞれかと思いますが、今も使えているので愛用品を載せておきます。

6.2インチまでとなっていますが、6.49インチのスマホ(純正カバー装着)を入れて使えています。

スマートウォッチ

ちょっと脱線しますが先に言わせてください!

これAndroidスマホ使っている人には超オススメです!!

こんな人に向いています。
  • スマホは着信音をOFFで使いたい
  • 着信や通知に気づかない、をなくしたい

コスパ重視のスマートウォッチの場合、通知に対応していないアプリが多く存在します。

SMSやEメール、中にはバージョンアップしたら通知してくれなくなったり…

現在Android9からAndroid10のAQUOS(SHV43)で使っていますが、今のところ通知に対応していないアプリは1個も遭遇していません。

職場で着けていても違和感のないデザインなので、本当にオススメです!

一回充電すれば約一週間持つので、決まって週末に充電しています。


で、話を戻しますが、ランニングに必要な機能はこの3点あれば十分です。

  1. 時間を確認できる
  2. ストップウォッチ機能がある
  3. 距離を測れる

もちろん専用のアプリがあるため 心拍数運動時間の記録 と言った、最低限の機能は備わっています。

しかしアスリート思考でもなければ

  • 何時ぐらいに走り始めたか
  • 昨日よりタイムが上がったか
  • 3kmは走れるようになったし、段階的に5kmぐらいまで距離を伸ばしたいな

こんなことが頭をよぎるでしょう。

そこまで精度がなくても、自分の目先の目標を見つける目安になれば十分です。

【番外編】スポーツタイツ

番外編にしたのは 走る環境に左右されるから です。

都会や大通りをメインに走る人にはあまり関係ないかと思います。

細い道や田舎道を走る人には、たとえ夏でもあった方が良いです。

というのも道端の草など、走っていると何気に足に当たります。

かゆくなる人も居ると思いますが、何より走ることに集中できなくなります。

これは加圧じゃないものなら、何でも良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

始めるときはスポーツウェアやシューズに、高いお金を出しがちですが、本当に必要なものは機能です

ランニング以外の普段使いもできるものであれば、万が一続かなかったとしてムダにはなりません。

さぁ!走り出しましょう!


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

この話が誰かの役に立つと、凄く嬉しいです ♪

また次回お会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました