【製造派遣】日本の幸福度を下げている

スポンサーリンク
スポンサーリンク

派遣の代償

こんにちは! Tマッキーです!

小泉内閣によって解禁された製造派遣。

安い人件費を求め、日本の企業が海外に出ていくことを抑制し、日本の製造力の衰退を阻止する、そんな理由も含まれていたと記憶します。

そんな思いとは裏腹に、今の日本は労働力不足に悩まされている、何とも切ないものですね。

政策によるメリットはあったかも知れませんが、実際のところデメリットが目立ちます。

そこで今回は、現場で感じることをテーマに書きたいと思います。

これから製造派遣を利用しようか検討している企業の方、実際に働こうか悩んでいる人の参考になると思いますので、今回も最後まで読んでいただけると嬉しいです♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク

目的と一致しない実態

そもそも派遣期間には上限が設けられています。

しかし使う企業側としては 入れた以上は長く勤めてほしい というのが本音です。

にも関わらず、業績が落ち込んだ時の削減第一候補は 派遣社員 です。

これ実際に現場で働いていると…

一緒にがんばりましょうね!

何かあったら切るんだし

仲間みたいに言うなよ…

溝というより敵対心さえ芽生えるのです。

働く側も 働きたいから来た という最初の目的を忘れてしまっています。

しかし彼らも最初は、こんな感情は持っていません。

派遣社員を使う企業の人の中には…

派遣はダメ

という先入観を持っている人もいます。

企業側は 派遣はダメだ と思っている反面、派遣社員側は 社員は嫌な仕事押し付けて働かない と思っています。

さて卵が先かニワトリが先か…

向上しない製造力

  • 教えても辞めていく
  • スキル向上を求めると反発される
  • スキルに応じた給料設定ができない
  • スキル向上を求めることをヤメる
  • 休まず毎日来て、指示通りに動いてくれれば良い

ハイ!考えない人の出来上がりです。

こうやって派遣社員は、責任や向上心よりも、変化のない毎日を手にしていきます。

こういった人を何人も抱えている現場で、果たして改善による向上は期待できるでしょうか?

答えはNo!です。

この人達が正社員でやりがいを感じながら仕事をし、日々知恵を絞って仕事をしたら、今の日本の製造力はもっと向上していたと思います。

外国人労働者よりも能力高いでしょ。

と思うかもしれませんが、実際に体感できる差というのは

  • 日本語でコミュニケーションが取れる
  • 文化の違いがない

正直これぐらいです。

そこそこ日本語が話せて、そこそこ日本の文化を理解している外国人が居たら、日本の派遣社員より能力が高いと、間違いなく言えます。

ただ日本で生まれて、ただ日本で育った人よりも、異国の言葉と文化を学ぶ努力をした方が、期待値が高いことは理解いただけるのではないでしょうか。

そうすると外国人の方が、一生懸命考えてくれるような気がします。

企業も成長しない

子どもから学ぶ

子どもを持つ親から良く聞く言葉ですね。

そうなんです。派遣社員へ割り切った対応をするということは、マナーやモラル、常識やルールなど、仕事に必要な部分以外の教育は一切しません。

若いころに 先輩にミッチリ指導された 当時は嫌でも、年を重ねるとそのありがたみが分かってきます。

しかしそんなやりとりは、発生しません。

何も言われない派遣社員は、気楽で何よりですが、指導する側も成長する機会を失います。

まして企業は、そういった社員から学んだり、ヒントを得ることもありません。

ひょっとしたらそこに、企業が成長するキッカケがあったかも知れないと思うと…もったいないですよねぇ…

法の抜け道になっている

労働環境の改善を求め、何度も改定されてきました。

しかし派遣会社は、派遣先企業の言いなりです。

その限られた状況の中、日々の法的要求事項を満たすため奮闘しています。

そもそも派遣先企業の社員との格差が問題視されているにも関わらず、使う企業側には大した改善を求めない…何だか表面上のやった感だけで、本質にメスが入っているとは思えません。

時間外労働の抑制も 変形労働制 を導入すれば、何とでも言い訳がつきます。

所定時間法定外時間 等々、分かりにくいし複雑で、結局「一ヶ月間の総労働時間」という点では、ほぼほぼ変化していないのが実態です。

過度なブラック勤務は減ったかも知れませんが、当たらず触らず感は否めません。

結局、誰が得しているんでしょうか。

今の日本の働き方は、他の先進国に遅れを取っているままで、場当たり的で成長しているとは、お世辞にも言えないのです。

まとめ

いかがでしたか?

根本的な改善がされないまま時が経ち、その状況に嫌気がさして希望を見出せない人で溢れかえっている日本。

この先、幸福度が上がる日は、はたして来るのでしょうか…

(もちろん幸福感を得ている派遣社員も居ますけど)


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

この話が誰かの役に立つと、凄く嬉しいです ♪

また次回お会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました