【マイニング状況】2022/9/6

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!Tマッキーです♪

ついにNiceHashでも Ethereum Classic(ETC) がマイニングできるようになりました!!

さっそくNiceHashをVer.3.9.0.2にアップデートしてベンチマークとりましたが。。。

ハッシュレートはETHと変わりなく、報酬的に約3割減でした…まぁ当然の結果です。

とは言え、新しいものが追加されることには心躍らされました!

それでは2022/9/6時点のマイニング状況です。

スポンサーリンク

稼働状況

リグ:6台

GPU:28枚

マイニングソフト:NiceHash(3.9.0.2)

worker1

GPU混在リグです。

ETCをベンチマークとったものの、現時点ではまだまだETH独り勝ちです。

worker2

MSI ITX GTX1660SUPER ワンメイクリグです。

こちらはAutolykosの収益性は低く、ETCになったとしても電気代をペイできないので、許容できる範囲の赤字なら今後Hive OS化しつつ、全てのGTX1660Superを集約して継続できたらなぁ…と思ってます。

worker3

NVIDIA/RADEON混在リグです。

またこのリグ特有のGTX1660SuperとRX5700XTのハッシュレートが延びないという不具合が。。。

worker5

Palit3000シリーズのワンメイクリグです。

Autolykosの場合、3080と3090のパフォーマンスが微妙になるので、3070以外は継続するか検討が必要そうです。

worker6/7

worker6:検証用PC(せっかくなんで動かしてます)

worker7:ゲーミングPC(子どものゲーム用)

※温度が高いのはRTMマイニング稼働により排熱が間に合っていないためです

全体の1日の報酬

BTC価格に対しETHの価格が上がっているので、若干報酬も増加中です♪

最後の1秒まで頑張ってほしい!

まとめ

ついにNiceHashもバージョン3.9.0.2でETCに対応しました。

ますますMerge後の動向が気になりますね♪


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

この話が誰かの役に立つと、凄く嬉しいです ♪

また次回お会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました